2013年06月

「今こそ、投資したい人が絶対知っておきたい6つのルール」のご報告

昨日は山崎俊輔氏を講師にお迎えして
「今こそ、投資したい人が絶対知っておきたい6つのルール」を開催しました。
足元の悪い中、たくさんの方にお越しいただき誠にありがとうございました。

BlogPaint

BlogPaint
これから投資を初めてみようと思っていた方には
とてもわかりやすかったようで、アンケート結果も「たいへん満足」が多かったです。

ご参考までに、、こちらが今回のセミナーのもととなった、山崎氏の連載です。
(3/12の記事です)
http://www.nikkei.com/money/features/18.aspx?page=1

と、、恒例?の懇親会!
こちらも雨にもかかわらず、たくさんの方が参加して下さいました。
IMG_3010
黒黒コンビ?です。。
BlogPaint
今回は珍しく、皆さんと記念写真

山崎俊輔氏には8/24(土)横浜でも登壇が決まっています。
確定拠出年金と日本版ISAがテーマの回で、前者について語っていただきます
http://yokohamabaton13.peatix.com

今月のセミナー日程は、正直楽ではありませんでしたが、常連さんと新規でいらっしゃった方々の両方に支えていただきました。

毎回、ほぼ満席(空きは1~2席)で続けられているのは、やはり嬉しいです。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

「オトナの起業!新しいサービスの作り方」のご報告

6月19日、ココナラ、南章行氏をお招きして、
「オトナの起業!新しいサービスの作り方」について語っていただきました。

質疑応答の前に「預金残高以外何でも話します」とおっしゃってましたが
本編も「ココナラのすべて」というタイトルとしても良かったかもしれないと
感じる内容でした。

とにかく、手のうちを明かしまくり
でもベンチャーの場合「企業秘密」の固守に走るより、
外部の意見を取り入れたりする方が生産的だとのこと。

たしかに、ノウハウを真似ることは出来ても、「思い」を自分の言葉で語ることは
おそらく起業主にしか出来ないことでしょうし、隠せばいいというものでもないような・・・と、
そんなことを考えさせられました。

BlogPaint

BlogPaint
何と言うか、名言集が編めそうな2時間でしたが、一番印象的だったのは、
40になったらまた何か起業したい、80まで起業し続けたい!
と語る南さんの子供のような笑顔でした。

アンケートでは「勇気をもらいました。」「前向きになりました。」が多かったですね。
と、、質疑応答の時間は、基本、「30分未満」を選択する方が多いのですが、
今回、「1時間」が一番多かったです。
(過去に「1時間」が多かったのは、ライフネット生命の中田さんの回でした。)

南さん、冒頭で今日はココラナのファンになってくれる人を3人作ると
おっしゃってましたが、3人どころじゃないかったと思いますよー

興奮さめやらぬ中、話足りなそうな人たちが残っていらして
遅い夕飯を食べに行きましょうか?という話になり、南さんにもダメもとで声かけて
みたら急ぎの仕事がないので軽く行きますか!!!という話になりました。
やったー
では、、早速、恒例の....ということで素敵な笑顔で一枚!
BlogPaint
皆さんから南さんのプレミアムイベントをやって欲しい~という声がありましたね。
さてと、、どうするかなぁ~

田村正之さんのセミナー報告

昨日、 日本経済新聞社の田村正之編集委員に
「アベノミクス、それがどうした!心静かに資産を増やす 運用と家計の法則」
というテーマで登壇していただきました。
IMG_2931
主催者として、多くの方にお届けしたかったのは
「購買力平価」などに関する田村さんの知見でした。

おそらく、来場してくださった方々にも
「今、この場で語られていることはとても重要なことだし、
知ると知らないとでは随分違うことなのだろう」といった程度の
伝わり方はしたのではないか、と思います。

ただ、「ちょっと難しい・・・」と感じている間に
時間が過ぎてしまったという方もいらっしゃるはずです。
このあたりのテーマの選択は難しいなと、いつも感じます。
来場していただいた皆様はもちろんのこと、
後半、やや軟らかめの展開に舵を切っていただいた田村さんにも感謝いています。

私自身、人前で話すことを仕事の一部としている者として、
改めて考えているのは、セミナーで伝える内容の絞り込みです。
BlogPaint
昨日の例だと、前半は「実質金利から考えるアベノミクス」、
後半は「購買力とは・・・」といった2点くらいで良かったかも知れません。
(「いかにコンテンツを捨てるか・・・」ですね)
なお、個人的に印象に残っている田村さんの言葉は、
質疑応答の際の「株価や為替の変動をずっと当てられる専門家はいない。
でも、ずっとハズす人はいる」というものでした。

それからコメンテーター選びにおけるメディアの傾向と問題点についての言及も、
田村さんならでは・・と感じました。
今後のマネー関連のセミナーは、もう少し平易な内容のものが続きます。

また来週には、かなり楽しみな著名人の方の登壇予定も発表できると思います。
(もちろん、高名で集客力があればいい、という視点からの登壇依頼は行っていませんので念のため)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

後田亨

おまけ!懇親会の写真です。
昨日は夕方から悪天候になる予報だったので
中華街ではなく、横浜駅周辺のお店で開催しました。

おちゃめな田村さんです。
ga1
田村さんのサインとのことです。
かわいい
ga2

「第2回プレミアムイベント~ゲスト:水瀬ケンイチ氏~」について

横浜サカエ塾、プレミアムイベントの第2回ゲストは
インデックス投資ブロガーとして著名な水瀬ケンイチ氏です。

水瀬さんは一般の会社員のため、基本的に、講演依頼は断っているそうです。
ただ今回は、当法人の応援、ということで登壇していただけることになりました。

会場の予約等、諸事情があり
いつもなら2~3ヶ月前に募集開始するところが
今回は開催1ヶ月前になってしまいました。
また、申込期間も1週間と短いものでした。
そんな状況にも関わらず、たくさんのお申込みをいただき
抽選の倍率7倍という凄まじい人気ぶりでした。
さらに申込者の過半数の方がメッセージ付の申し込みを頂いたことも付記しておきます。
どうもありがとうございました。
(メッセージは、選に漏れてしまった方々の分も全て水瀬氏に伝えてあります。)

プレミアム・・・は、主催者の好みがかなり入っているイベントで
自分が参加者だったら・・・という思いが通常のセミナー以上に込められています。
なので、、それを実現にするには裏方はかなり大変なのですが、、
(いつもご協力して下さる方にはとても感謝しています。)
受講料はいつもより高めですが、、(懇親会費の原価率高いです!)
満足度、通常の倍以上では?と自負しています
参加者、登壇者ともに楽しかったと言っていただけるよう
準備していきたいと思います。

と、、今週土曜(6/15)はその水瀬氏も一目置いている
日経新聞社、田村正之氏のセミナーがあります。( http://yokohamabaton8.peatix.com )
会場は元町中華街、14時~16時です。

セミナー終了後、田村氏を囲んでの懇親会も予定しています。
あと3名空き(6/13午前時点)がありますので、興味がおありになる方はぜひお越しください。
当日の資料を受け取りましたが、なかなか濃い内容ですよーー

「心をつかむ60分の講演の作り方」のご報告

6/1(土)、久々の横浜開催でした。
心をつかむ60分の講演の作り方~しゃべりは感性ではなく技術だ!~
講師は、カン・チュンド氏
カンさんは個人的にファンでとても楽しみにしていたセミナーです
BlogPaint
最初からテンポよく、会場からの笑いが絶えませんでした。
BlogPaint
会場内を動きまわるので目が離せません。
クラーク博士像のようなお姿ですね....
最後、会場から盛大な拍手があり、とても感動的でした。

で、、興奮覚めやらぬ方々と懇親会へ
今回は過去最多(たぶん)の18名!すごい。。。
予約してないのでダメだろう。。と思っていたのですが
中華粥で有名な謝甜記貮号店へ入れました。ラッキー
IMG_2809

IMG_2816
満腹コース@2100円です。
な・・・なんと、中華粥は食べ放題でーす持って帰りたい。。。

残念ながらカンさんは次の予定が入っていて、不参加だったため
受講者として参加していた水瀬ケンイチ氏とパチリ!
BlogPaint
水瀬ケンイチ氏、一般の会社員のため顔出しNGなんです。
この写真撮った時、お店の方が不思議そうに見ていたのが印象的でした。
怪しいですよね。すみません。。

ちなみに水瀬ケンイチ氏のセミナーはプレミアムとして7/6(土)開催です。
定員8名のところ既に40名近い応募があります。
普段、一緒に飲み行くことはよくあるのですが、投資の話したことはほとんどありません。
楽しみですね!(と、、私は諸事情がありセミナーに参加できないのですが、、

次回、元町中華街会場は6/15(土)日経新聞の田村正之氏
アベノミクス、それがどうした!心静かに資産を増やす運用と家計の法則
ちょっと相場は怪しい感じですが、惑わされない相場の見方を教えていただきましょう~


*カンさんのお話は、「プロ論」 としても刺激的で質が高いものだったと感じています。

*田村さんの回は、為替等、経済の勉強にもなりそうです。そういう意味でもおすすめです。

(例によって、*は後田亨が書きました)
記事検索