2015年04月

「日本の保険は贅沢品?」のご報告

4/24(金)橋爪健人氏をお迎えし、「日本の保険は贅沢品?」をテーマに
セミナーを開催しました。

BlogPaint
こう言っては何ですが、私自身、大変勉強になった回でした。

海外の保険事情や歴史の話等、来場者の皆様にも新鮮に感じてもらえたのではないか
と思っています。

BlogPaint
こぼれ話を一つ書いておきます。
橋爪さんに自著を書くことをすすめたのは、昨日、挨拶して頂いた楠木新さんだそうです。

ご自身は執筆するつもりも、ましてセミナー講師として人前に出る気もなかったという・・。
私は企画段階から意欲的かつ精力的だった橋爪さんしか知らなかったので、とても意外でした。

(なお、楠木さんとのご縁は橋爪さん経由です)
BlogPaint
早くも、複数の方から(橋爪さんの)再登壇リクエストも頂いたこと、
昨夜から6月のセミナー申し込みが増えていることも嬉しく思っています。

休憩のタイミングがほんの少し遅れた(と感じています)点などは、今後、改善するつもりです。

来場者の皆様、プレゼント本を提供してもらった大江英樹さん、楠木新さん、会場の片づけを手伝ってくださった方々に、改めて感謝いたします。どうもありがとうございました。

楠木新さんのセミナー

6月7日(日)、横浜にて開催します。
http://yokohamabaton35.peatix.com/

昨年、大手町でのセミナーが大変好評だったので、再度、登壇をお願いし快諾して頂いた次第です。

楠木さんは、関西を基盤としていらっしゃるので、横浜開催は貴重な機会かと思います。

テーマは「会社を辞めずに独立する方法」です。

大手生命保険会社在職中に、12万部を超えるベストセラーになった『人事部は見ている。』他、多くの著書を上梓し、関西大学商学部非常勤講師(会社学)を務めるられるなど、社員以外の顔も持ちながら、活動を続けてこられた秘訣などを伺います。

(もちろん、この春、定年を迎えられた後の現況などもお聞きできるはすです)

また、今回は、当日、後田が茨城FP協会継続研修の講師として出稼ぎに行くため(すみません)、進行をファイナンシャルプランナーの岩城みずほさんにお願いしています。

ご希望の方は、お二人が参加される懇親会にも参加して頂けます。
(セミナー料金とは別に懇親会費をいただきます)

ほとんど宣伝をしていない状況にもかかわらず、既に3割ほどの席が埋まっています。

主催者の心の平安のためにも(笑)早目の申し込みをおすすめいたします。

*楠木さんは今週末の橋爪健人さんのセミナーにも来場されます。

*楠木さんのブログはこちらです。http://blog.livedoor.jp/kusunoki224/



「長期投資」になぜ突っ込むのか?

前回、書かなかった5月10日のセミナー開催理由があります。

長期投資って万能なわけではないだろう、という疑問だけではないのです。

「いまこそ長期投資をはじめよう」といったテーマでは弱い、無料でいくらでも開催されているだとうと
それも大きな理由です。

そこで「利益を確定しなくていいのか?」といった問いを連発する構成を考えてみた次第です。

とはいえ、私の投資関連知識は極めて限られているので、具体的な質問事項については、
素朴な疑問を書き出し、有識者の方にチェックをお願いすることにしました。

結果「イイ感じですね」と言ってもらっているので、的外れな議論にはならないはずです。

それにしても、自分が「生命保険について必要最低限の利用を説く輩にツッコミまくる集会」に呼ばれることを想像すると、あまり気が進まないなぁと感じます。

負ける気はしませんが、楽しくもないだろうと思うからです。

登壇を快諾して頂いたセゾン投信の中野社長には心から感謝しています。

(残席8です)

長期投資の突っ込みどころ

5月10日(日)、セゾン投信の中野社長をお迎えし「長期投資の突っ込みどころ」というテーマでセミナーを開催します。
http://yokohamabaton34.peatix.com/

私は、確定拠出年金中心に積立で運用を行っています。

したがって、長期投資家の端くれを自認しています。

ただし、長期であればすべてOKだろうとは思っていません。

そんなに甘くないだろうと思うのです。

短期はダメだけど長期は大丈夫という考え方には「最終的にはプラスであってほしい」という願望が混じっているのではないでしょうか。

また、いわゆる独立系投信のセミナー等で長期投資が奨励される際には、社会貢献と儲け話が、随時、使い分けられている感もあります。

国内でも世界でも、市場に広く分散投資する場合は、軍需産業を支援するようなことになる可能性だってあると思うのです。

「どっちかにしてくれ」という気はありませんが「清濁併せ飲む世界なのです」と言われる方が納得できる気がするわけです。

いずれにしても、タフな問いかけが、商品やサービスを進化させるはず、ということで、常に前向きな情報発信をなさっている中野さんに、あえて疑問をぶつけまくる機会を作った次第です。

数ある投資関連セミナーのなかでも一味違う回にするつもりです。

皆さまのご来場をお待ちしています。

*既に半分以上の席が埋まっています。

記事検索