昨日、 日本経済新聞社の田村正之編集委員に
「アベノミクス、それがどうした!心静かに資産を増やす 運用と家計の法則」
というテーマで登壇していただきました。
IMG_2931
主催者として、多くの方にお届けしたかったのは
「購買力平価」などに関する田村さんの知見でした。

おそらく、来場してくださった方々にも
「今、この場で語られていることはとても重要なことだし、
知ると知らないとでは随分違うことなのだろう」といった程度の
伝わり方はしたのではないか、と思います。

ただ、「ちょっと難しい・・・」と感じている間に
時間が過ぎてしまったという方もいらっしゃるはずです。
このあたりのテーマの選択は難しいなと、いつも感じます。
来場していただいた皆様はもちろんのこと、
後半、やや軟らかめの展開に舵を切っていただいた田村さんにも感謝いています。

私自身、人前で話すことを仕事の一部としている者として、
改めて考えているのは、セミナーで伝える内容の絞り込みです。
BlogPaint
昨日の例だと、前半は「実質金利から考えるアベノミクス」、
後半は「購買力とは・・・」といった2点くらいで良かったかも知れません。
(「いかにコンテンツを捨てるか・・・」ですね)
なお、個人的に印象に残っている田村さんの言葉は、
質疑応答の際の「株価や為替の変動をずっと当てられる専門家はいない。
でも、ずっとハズす人はいる」というものでした。

それからコメンテーター選びにおけるメディアの傾向と問題点についての言及も、
田村さんならでは・・と感じました。
今後のマネー関連のセミナーは、もう少し平易な内容のものが続きます。

また来週には、かなり楽しみな著名人の方の登壇予定も発表できると思います。
(もちろん、高名で集客力があればいい、という視点からの登壇依頼は行っていませんので念のため)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

後田亨

おまけ!懇親会の写真です。
昨日は夕方から悪天候になる予報だったので
中華街ではなく、横浜駅周辺のお店で開催しました。

おちゃめな田村さんです。
ga1
田村さんのサインとのことです。
かわいい
ga2