「横浜サカエ塾」は、社会人が主にお金について学ぶ場を作るために立ち上げました。

ただ、ずっと「私塾みたいなものをやりたい」と温めていたわけではありません。

(と言うより、正直「考えたこともなかった」です)

きっかけになったのは、「みなとみらい大学」構想です。

3年ほど前に、市民大学を横浜のみなとみらい地区に作ろうという動きが一般市民の中にあったのです。

で、関心を持った妻が準備室みたいな会合に、数回足を運んで「理想を語るだけで、いつまでも具体的な話にならない」と言うのを聞いて、「じゃあ、自分らで・・・」と思い立った次第です。

市民大学は無理だけど、マネー関連なら講師の伝手はある、我が身を振り返れば、社会人になる前にお金のことを学んでおきたかった、自分以外にも需要はあるだろう、と考えたのです。

おかげさまで、3年目も順調に開催できています。

ただ、誤算は自分が講演などに呼ばれた時、イメージするハードルが上がってしまったことです。

「XXさんの回は良かったな、自分もあれくらいに・・」と思うと、なかなか厳しかったりするわけで、
苦笑いしながら、今日もある企業の労働組合向けのセミナーの原稿を練っているところです。

*6月の楠木新さんのセミナー、残席4です。
http://yokohamabaton35.peatix.com/